審査落ちの共通点

公庫融資の面談で言ってはいけないこと【本当にあったNG集】

面談での失言集
事業者
審査面談で気をつけたいことは?

本記事ではこのような疑問を解決できます。

本記事で分かること

  • 面談は申込書類より重要度は低い。しかし、面談の発言によっては審査結果にネガティブな影響を与える。
  • 面談時に本当にあった事業者の失言を知ることで事前準備ができる。

本当にあった失言集

NG集

「経理周りは分からないので、○○(例:税理士)に聞いてください。」

みつき
仮払金が大きく増加していますが中身は何でしょうか?
事業者
数字面はからっきしなので、税理士に聞いてください。

あなたの事業の様子を把握するため、融資審査では提出された決算書を読み解くことが重要になります。

提出されたものだけでは各勘定科目の推移を把握することはできませんが、なぜそうなっているのかは読み取れません。

そのため、審査面談の場で質問してよりクリアにしていくのです。

「代表者の私ではなく第三者に聞いてください」と回答されると、審査担当者は代表者が事業を数字で把握していないと懸念を抱いてしまいます。

あなたが融資を申し込む公庫の国民生活事業は、中小企業や個人事業主など小規模事業者を融資対象としており、小規模事業者ならば事業に関わることをすべて把握しているべきだと考えています。

このため、第三者に聞くような回答をされると、数字で事業を把握できておらず資金繰りの悪化が急に表に出てくる可能性があるのでは?とあなたを評価することになります。

みつき
実際に記録を取るところに『計数観念:強い 弱い』という項目があり、「弱い」に丸をつけていました。

「事業計画は○○(例:融資支援事業者)に作成してもらったので、分かりません。」

みつき
事業計画の売上見込の根拠はありますか?
事業者
作成は業者に依頼したので、詳しくはわかりません。

先ほどの事例と似ており、こちらも第三者に丸投げしているから分かりません、というものです。

この場合も審査担当者は「これから創業するのはあなた自身なのになぜ丸投げできるのか?これから創業するという自覚が弱いのか?」と不安に感じます。

融資支援サービスを利用すること自体は反対しませんが、利用するならば出来上がった事業計画は自分の言葉で説明できるように腑に落とすことが絶対条件です。

本サイトの記事で習得できることだけで十分に融資審査を通過することができるはずです。

また、融資支援サービスを利用する際は報酬を多く取られる場合もあります。
せっかく融資を獲得できても融資支援事業者にたくさん取られてしまっては元も子ありません。

こちらをCHECK

【事前準備が命】申込するまでの流れと気をつけたいこと

続きを見る

みつき
私が審査担当者だったら、この回答があった時点で融資は断り、改めて考えるように説明する方針で稟議書を作成することを心の中で決めますね…

「いくらまでなら借りられますか?」

みつき
それでは、これで面談は終了になります。何かご質問はありますか?
事業者
実際のところ、いくらまでなら借りられますか?

融資が通るかどうか不安が募ったのか、このように面談の最後に聞かれることが多いです。
融資の通過率を下げたくないならば、この質問は控えるようにしましょう。

この質問を受けて審査担当者は「融資金額が多ければ多いほどよくて、調達した資金の使い道に計画性がないのか?そんな計画性のない人物に融資しても期日通りに返済してくれるのか?」と融資金が回収できないかもしれないという懸念を抱いてしまいます。

もちろん手元の資金が多ければ多いほど良いのは理解できますが、公庫をはじめ金融機関は資金使途が明確ではないところへの融資を嫌います。
なぜなら、融資金が社外に流出したり、もしくは資金使途として認められない用途に使用される可能性があるためです。

このほか審査担当者目線でも、決裁者に「なぜこの金額が必要なのか?」と尋ねられた際に納得のいく説明ができなくなります。

「いくらなら借りられますか?」と尋ねられると、審査担当者は内心では「計画性がないのか?必要な金額を明確にしたうえで記載してほしい…」と思いながら、「社内で検討してみないと何とも言えないですね。」とその場をやり過ごすことになります。

メモ

資金使途に計画性がないと懸念を持たれる可能性があるため、「借りられるだけ借りたい!」という発言も同様に避けたほうが良いです。

「返済の遅れが残高不足だとしても履歴に残りますか?」

みつき
それでは、これで面談は終了になります。何かご質問はありますか?
事業者
もし仮に預金口座の残高不足で返済が遅れてしまっても、履歴には残りますか?

これも面談最後に聞かれるケースが多いです。

公庫から信用を得るためには返済実績が最も効果的であることを知っている方は多いと思います。だからこそ、返済実績にキズを付けないためにも気にする方が多いです。

他の失言と比べると影響は小さいですが、良いか悪いかで言うと悪い影響を与える可能性があります。

これから融資の検討をして融資実行の場合は期日通りの返済をお願いするところで、このような質問を受けると審査担当者に支払いがルーズな人物だと評価される可能性があります。

この発言を受けて個人信用情報や税金の支払い状況を確認して、過去に支払い遅延の履歴がある場合は審査担当者は警戒してしまいます。

みつき
ちなみに返済遅延はどんな理由でもしっかり履歴に残りますので、残高管理もしっかり行うようにしましょう。

まとめ:冷静かつ熱く面談に臨むには事前準備が重要!

本記事のまとめ

  • 代表者である以上、すべて把握していることが大前提。
  • 融資は資金使途ありき。何にいくら必要なのかを明確にしておきましょう。
  • 返済遅延の理由に例外なし。

本記事では公庫融資の面談で聞いてはいけないことについて紹介しました。

よけいな疑いを審査担当者に持たせないようにするため、頭は冷静に心は熱くして面談に臨む必要があるのです。

解決策は事前準備の徹底。これしかありません。

そして、実は面談よりも申込書類が審査では重要になります。

こちらをCHECK

『公庫融資で一番大事なものは面談』はウソです。

続きを見る

あなたが公庫融資を検討しているならば、提出書類の準備に一番注力するようにしてください。
本サイトでは提出書類の書き方についても紹介していますので、参考にしてみてください。

こちらをCHECK

日本政策金融公庫の借入申込書の書き方【意外と大事】

続きを見る

こちらをCHECK

企業概要書の書き方を大公開【簡潔さがポイント】

続きを見る

こちらをCHECK

創業計画書の書き方
創業計画書の書き方を元公庫職員が伝授!

続きを見る

  • この記事を書いた人

みつき / 元公庫職員VTuber

中小企業や個人事業主向けに公庫融資のエッセンスを発信しています。

-審査落ちの共通点

© 2021 公庫融資のエッセンス Powered by AFFINGER5